ハイエースの魅力

Auto-Packerスタイルに最適な車両、ハイエースの魅力を解説。
■ホーム
■フェイスブック
■ブログ「車中泊見聞録」
■お問い合わせ
プロフィール
■稲垣朝則の経歴
■ライブラリー
■オートパッカー由来と原点
■歴代の愛車
■主な著書
     
よく読まれている記事
車内のち車外
車外のち、車内
オートパッカーとは…/本編
 
キャンピングカーウィズ
プロモデル・キャンピングカー Wiz
理想のキャンピングカー/本編
 
上高地
上高地 キャンプ&トレッキングガイド
本編
 
薪ストーブで冬キャンプ
薪ストーブで冬キャンプ
車中泊 見聞録
 
車中泊の達人
車中泊の達人
車中泊 見聞録
 
格安キャンプ場
格安なるキャンプ場の見つけ方
オートパッカーズ・メソッド/車中泊 見聞録
 
サイドオーニング
サイドオーニングの効果的な使い方と留意点
アイデア・インプレッション/車中泊 見聞録
 
車中泊で出るゴミは、産業廃棄物
クルマ旅で出るゴミは、産業廃棄物
車中泊 見聞録
 
北海道の車中泊「環境破壊」は、今が過渡期
北海道の「車中泊」環境破壊は、今が過渡期
エッセイ/車中泊 見聞録
 
稲垣朝則の著書をご紹介
プロフィール/本編
 
もともと商用車としての需要が高く、ボディーに企業名が入っていたり、屋根に脚立を積んでいる工務店のクルマがあるのは当然だが、道の駅やアウトドアフィールドに行けば、パーソナルユースのハイエースを数多く見かける。
その最大の理由は、200系になって一気にスタイリッシュ化され、サーファーやキャンパーだけでなく、様々な用途の遊びグルマとして、幅広い世代に受け入れられているからに他ならない。
しかも幅・高さ・そして長さにバリエーションがあって、エンジンもガソリン、ディーゼル、そしてアウトドアには欠かせない4WDまで揃っている。
それを考えれば、現時点でAuto-Packerにもっとも合致する車両であることに間違いはない。
 
 
ハイエースの人気を支えるもう1つの理由は、それに対応する充実した車中泊用品の存在だ。
ハイエースにはキャンピングカー・ビルダーに供給される、「キャンピングカー専用車」あるいは、「カムロード」と呼ばれるグレードがあるが、それ以外のグレードでも専用のベッドキットや車中泊グッズが数社から通信発売されている。
右の写真はフロントを含む前の3面ガラスを1枚の布で覆うことができる画期的なカーテン。1分ほどで取り付けられるスグレモノである。
 
 
取り回しやすいナローボディーで値頃なスーパーGLにベッドキットを搭載し、冷蔵庫やポータブルトイレ、あるいはFFヒーターなど、自分たちが必要と思うアイテムだけをチョイスしてクルマ旅を楽しむシルバー層も多い。
 

オートパッカーの留意点コンテンツ

■セルフ改造の限界
■ハイエースの魅力
■ハイエースの種類
 
 
 
サイトマップ
オートパッカー
■オートパッカーとは
■「趣味」のための車中泊
■好奇心旺盛で多趣味
■車外、のち車内
■道の駅は、「旅の宿」
オートパッカー・
■スタンダードスタイル
■テキスト
■メソッド
オートパッカー
■お勧めスポット 上高地
リアルオートキャンプ
■リアルオートキャンプとは
■キャンピングスタイル
■ギア選びの基準
■2wayの電化製品が◎
■ネットはテザリング
■使える生活用品
■シュラフの正しい使い方
■テーブル&チェア
■クッキングギア
■コンロ&ストーブ
■シェルター&テント
グッズインプレッション
■インデックスページ
スノーピーク特集
ユニフレーム特集
アイデアインプレッション
■インデックスページ
キャンプ場紹介
■サイト選びの基準
■インデックスページ
野外料理レシピ
■インデックスページ
ダッチオーブン・プレジャークッキング
ハイエース
■セルフ改造
■ハイエースの魅力
■ハイエースの種類
ウィズ
■キャンピングカーウィズ 
■ダイネット
■ベッド
■キッチン
■収納
■標準装備
■プロモデルへの道
スペック&価格はこちら
その他のオリジナルサイト
キャンピングカー
サブバッテリー
     

 ホーム | プロフィール | 車中泊見聞録 | フェイスブック   写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 Copyright(C)2015 稲垣朝則 All Rights Reserved.

 
車中泊でクルマ旅