オートキャンプで旅をする

オートキャンプと車中泊で日本を旅するオートパッカーのスタイルをご紹介。
礼文島
■ホーム
■フェイスブック
■ブログ「車中泊見聞録」
■お問い合わせ
プロフィール
■稲垣朝則の経歴
■ライブラリー
■オートパッカー由来と原点
■歴代の愛車
■主な著書
     
よく読まれている記事
車内のち車外
車外のち、車内
オートパッカーとは…/本編
 
キャンピングカーウィズ
プロモデル・キャンピングカー Wiz
理想のキャンピングカー/本編
 
上高地
上高地 キャンプ&トレッキングガイド
本編
 
薪ストーブで冬キャンプ
薪ストーブで冬キャンプ
車中泊 見聞録
 
車中泊の達人
車中泊の達人
車中泊 見聞録
 
格安キャンプ場
格安なるキャンプ場の見つけ方
オートパッカーズ・メソッド/車中泊 見聞録
 
サイドオーニング
サイドオーニングの効果的な使い方と留意点
アイデア・インプレッション/車中泊 見聞録
 
車中泊で出るゴミは、産業廃棄物
クルマ旅で出るゴミは、産業廃棄物
車中泊 見聞録
 
北海道の車中泊「環境破壊」は、今が過渡期
北海道の「車中泊」環境破壊は、今が過渡期
エッセイ/車中泊 見聞録
 
稲垣朝則の著書をご紹介
プロフィール/本編
 
「食う・寝る・遊ぶ」。
はて、どこかで聞いたようなセリフだな… そう感じた人は記憶力がいい。 
これは1989年に発売された初代日産セフィーロのキャッチコピーだったが、いかにもバブル時代のクルマらしく、当時のセフィーロにはそんな「実力」はカケラもなかった。
 
だがオートパッカーは、自由奔放にクルマ旅で「食う・寝る・遊ぶ」が実現できる「本物」だ。それが分かる旅の様子を紹介しよう。
 

オートパッカーで、北海道を旅する。

 
開陽台
 
広大な北海道を自由奔放にクルマで旅する「切り札」が、リアル・オートキャンプだ。
本州のように、どこにでもコンビニや食事処があるわけではなく、とっておきの大自然をこころゆくまで楽しみたいなら、いつでもどこでも食事が可能な自炊を取り入れるほうがいい。
そのうえ、北海道には手料理で作れるソウルフードがたくさんある。ジンギスカンや鉄砲汁はもちろん、今は豚丼のタレやスープカレーの素までスーパーに行けば揃っている。北海道まで来て、ありきたりの焼き肉や鍋をつつくのはもったいない、
 
ジンギスカン
北海道の夏野菜がたっぷり入った、札幌の友人お手製のジンギスカン
 
ありがたいことに、北海道には無料もしくは一人500円程度で利用できるキャンプ場や、車中泊を公認してくれる公園が各地に揃っている。道の駅での車中泊は否定しないが、居心地を考えれば「あえてそこで泊まる必要性」を感じない。
るるぶやまっぷるでは、けして見ることのできない世界… オートパッカーなら、行き先も食べ物も、そして旅そのものが「オンリーワン」と呼べるのだ。
 
北海道
真夏でも湿気の少ない、爽やかな気候。 年金で旅する人々が、安心して長期滞在できる低料金のキャンプ場。 見る人を圧倒する地平線の原野に、野生のリスやキタキツネが棲む原林…。紛れもなく、北海道は ⇒<続きを読む> 
 
北海道車中泊コースガイド
この本は、道東・道央・道北・道南に分けた4つの旅のコースを10連休で周遊できるよう練られている。しかもそれらはどこかの町で繋がるように設定してあり、この本を頼りに北海道を1周することも可能だ。⇒<続きを読む> 
 
 
 
 

オートパッカーで、槍ヶ岳登山にチャレンジする。

 
槍ヶ岳
 
我々夫婦は、登山を趣味する人達に比べると経験も情熱もまったく稚拙なのだが、せめて一生に一座くらいは、深田久弥氏が紹介している「日本百名山」に登ってみたい…
槍ヶ岳はそんな想いでチャレンジした山だった。上高地からのルートは、距離は短いが急峻だと聞いていたので、無理をせずにまずは沢渡で一晩車中泊して、翌朝バックパックで上高地から徳沢まで進んでベースキャンプを張った。既にここまでで2泊。たぶん登山愛好家から見れば、かなりゆっくりしたペースだと思う。
 
槍ヶ岳
 
翌朝は、そこから槍ヶ岳まで登って、標高3000メートル地点に建つ「槍ヶ岳山荘」に泊まった。それにしても、ここにテントを張れる猛者は本当に逞しく素晴らしい。
帰りは再び徳沢に泊まり、翌朝テントを片付けて山を降りた。シャトルバスで沢渡に戻り、今度は奥飛騨温泉郷の平湯に出て温泉で疲れを癒やす。夕方はすぐ近くの平湯キャンプ場にテーブルを広げ、郷土料理で精をつけた。述べ5日のアウトドア旅行だが、これなら小学生高学年は軽くついてこれるに違いない。小学生の槍ヶ岳覇者、考えただけでワクワクする(笑)。
 
車中泊+テントキャンプ+山小屋+オートキャンプ。オールラウンドプイレヤーだけが味わえる槍ヶ岳登山の方法だ(笑)。
 

槍ヶ岳に源を発する梓川の上流に位置する、標高約1500メートルの平坦地。中部山岳国立公園の一部として、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されている。ただし現在は通年のマイカー規制が⇒<続きを読む> 

 

オートパッカーメソッド

■スタンダードスタイル
■テキストはミニバン車中泊バイブル
■メソッド インデックス
 
<この前に見ていたページに戻る> 
リアル・オートキャンプ
 
 
 
サイトマップ
オートパッカー
■オートパッカーとは
■「趣味」のための車中泊
■好奇心旺盛で多趣味
■車外、のち車内
■道の駅は、「旅の宿」
オートパッカー・
■スタンダードスタイル
■テキスト
■メソッド
オートパッカー
■お勧めスポット 上高地
リアルオートキャンプ
■リアルオートキャンプとは
■キャンピングスタイル
■ギア選びの基準
■2wayの電化製品が◎
■ネットはテザリング
■使える生活用品
■シュラフの正しい使い方
■テーブル&チェア
■クッキングギア
■コンロ&ストーブ
■シェルター&テント
グッズインプレッション
■インデックスページ
スノーピーク特集
ユニフレーム特集
アイデアインプレッション
■インデックスページ
キャンプ場紹介
■サイト選びの基準
■インデックスページ
野外料理レシピ
■インデックスページ
ダッチオーブン・プレジャークッキング
ハイエース
■セルフ改造
■ハイエースの魅力
■ハイエースの種類
ウィズ
■キャンピングカーウィズ 
■ダイネット
■ベッド
■キッチン
■収納
■標準装備
■プロモデルへの道
スペック&価格はこちら
その他のオリジナルサイト
キャンピングカー
サブバッテリー
     

 ホーム | プロフィール | 車中泊見聞録 | フェイスブック   写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 Copyright(C)2015 稲垣朝則 All Rights Reserved.

 
車中泊でクルマ旅