ハイエース・キャンピングカーのキッチン

「クルマ旅の専門家」稲垣朝則の愛車をご紹介。
■ホーム
■フェイスブック
■ブログ「車中泊見聞録」
■お問い合わせ
プロフィール
■稲垣朝則の経歴
■ライブラリー
■オートパッカー由来と原点
■歴代の愛車
■主な著書
     
よく読まれている記事
車内のち車外
車外のち、車内
オートパッカーとは…/本編
 
キャンピングカーウィズ
プロモデル・キャンピングカー Wiz
理想のキャンピングカー/本編
 
上高地
上高地 キャンプ&トレッキングガイド
本編
 
薪ストーブで冬キャンプ
薪ストーブで冬キャンプ
車中泊 見聞録
 
車中泊の達人
車中泊の達人
車中泊 見聞録
 
格安キャンプ場
格安なるキャンプ場の見つけ方
オートパッカーズ・メソッド/車中泊 見聞録
 
サイドオーニング
サイドオーニングの効果的な使い方と留意点
アイデア・インプレッション/車中泊 見聞録
 
車中泊で出るゴミは、産業廃棄物
クルマ旅で出るゴミは、産業廃棄物
車中泊 見聞録
 
北海道の車中泊「環境破壊」は、今が過渡期
北海道の「車中泊」環境破壊は、今が過渡期
エッセイ/車中泊 見聞録
 
稲垣朝則の著書をご紹介
プロフィール/本編
 

Wizのキッチンがいかに考え尽くされたものであるかは、車中泊よりもオートキャンプをすればよく分かる。

大半のユーザーは、室内のフローリングに傷が付くのを避けるために土足厳禁にすると思うが、キッチンがスライドドアの正面奥に配置されていると、冷蔵庫の食材や調理器具を取るためには、いちいち靴を脱がなければならない。

しかし、このクルマはスライドドアの左手に食器類のストッカー、右手に冷蔵庫が配置され、野外での調理に必要な物をすぐに取り出すことができ、ウォータータンクも靴のままで取り外しが可能にできている。
 
キャンピングカーである以上、サイドオーニングを張って河原やオートサイトで寛ぐことは基本中の基本。バンコンは、トラックやバスを架装した大型キャンピングカーとは違い、室内だけで寛ぎきれるものではない。サイドオーニングの下に設けた「特別テラス」から車内を使う想定が、Wizにはしっかりと盛り込まれているのだ。
 
 
キッチン機能がそのまま使えるため、テーブルとイスだけ出せばキャンプができる。
これだけ設営・撤収が簡単ならオートキャンプも苦痛にはなるまい。気持ちのよいアウトドアフィールドをクルマで旅する、まさに最適の一台といえる。
 
 
【ここをカスタマイズ】
急な雨やヒグマに遭遇した時でも(笑)、土足で飛び乗れるようスライドドアの前には木目調のマットを敷いている。
またウォータータンクケースの天板は、実に多目的に使えるスグレモノ。キャンプではここで調理をすることもあるため、床と同じマットをカッティングして張り、熱と油汚れをカバーするスタンドをDIYした。これを使えばキッチンでも揚げ物が可能だ。
 
フローリングカバー スタンド
 
【ギャレー】
 
キャンピングカー
 
車内で食事をするのは、主に寒い季節。献立はやはり鍋料理が多くなる。
Wizのギャレーは、シンクと天板だけのシンプルな構造で、特にガスレンジの使用場所が決められているわけではない。鍋ならダイネットの広いテーブルでコトコトやれる。そのために天井には換気扇がついているのだ。
それが手狭なキッチンに余裕を与え、筆者はその恩恵を窓側の「バーカウンター」に活かしている。春夏秋冬に彩られる日本の美観を「借景」に、妻の手料理と酒が嗜めるのは、幸せ者の極みに違いない。
 
 
 
乗用車にとって、サンルーフは「明かり取り」の機能くらいしか果たさないかもしれないが、キャンピングカーではこのうえなく重宝する。
Wizにサンルーフがある理由は、8ナンバー要件に必要な天井高を確保することが大前提だが、サンルーフにしなくても内張りを部分的に薄くすればその問題はクリアできる。だが、それは登録上の話であって、実際にこのクルマに乘るオーナーが180センチ近い身長であれば、常に中腰を迫られることになるのだ。しかしサンルーフを設置すれば、コストは数十万円アップする…
アネックス社はそれを「逆手」にとり、「気の利いた天窓」としての機能を付加することでコストパフォーマンスを高め、サンルーフを他社にはない「独自性」に仕立てている。
 
ハイエース ウィズ
 
少し空けておくだけで、車内にこもった熱気が抜ける。
 
 

Auto-Packer「キャンピングカーWiz」のコンテンツ

■キャンピングカー”ウィズ”
■ダイネット
■ベッド
■キッチン 
■収納 
■標準装備
■プロモデルへの道
 
 
 
サイトマップ
オートパッカー
■オートパッカーとは
■「趣味」のための車中泊
■好奇心旺盛で多趣味
■車外、のち車内
■道の駅は、「旅の宿」
オートパッカー・
■スタンダードスタイル
■テキスト
■メソッド
オートパッカー
■お勧めスポット 上高地
リアルオートキャンプ
■リアルオートキャンプとは
■キャンピングスタイル
■ギア選びの基準
■2wayの電化製品が◎
■ネットはテザリング
■使える生活用品
■シュラフの正しい使い方
■テーブル&チェア
■クッキングギア
■コンロ&ストーブ
■シェルター&テント
グッズインプレッション
■インデックスページ
スノーピーク特集
ユニフレーム特集
アイデアインプレッション
■インデックスページ
キャンプ場紹介
■サイト選びの基準
■インデックスページ
野外料理レシピ
■インデックスページ
ダッチオーブン・プレジャークッキング
ハイエース
■セルフ改造
■ハイエースの魅力
■ハイエースの種類
ウィズ
■キャンピングカーウィズ 
■ダイネット
■ベッド
■キッチン
■収納
■標準装備
■プロモデルへの道
スペック&価格はこちら
その他のオリジナルサイト
キャンピングカー
サブバッテリー
     

 ホーム | プロフィール | 車中泊見聞録 | フェイスブック    写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 Copyright(C)2015 稲垣朝則 All Rights Reserved.

 
車中泊でクルマ旅