ボンゴフレンディーのポップアップルーフ

Auto-Packer

電動開閉式のオートフリートップ(AFT)

車中泊の世界では、もはや「伝説」とも呼ばれるマツダのボンゴ・フレンディー「オートフリートップ(AFT)」は、多くのファンに惜しまれながら、2005年の12月にその生産を終了した。

最後のクルマでさえ、製造後10年を経てしまった現在は、フレンディーに関わらず、ポップアップルーフを搭載しているクルマをナマで見ることが難しい。

たまにフレンディーのAFTの中古車を見かけることもあるが、目を疑いたくなるプライスであることも珍しくない(笑)。

筆者は15年間で2台乗り潰したが、いずれも14万キロを超えたところで、ミッション系のトラブルに見舞われた。

さて。ここからは具体的な話に入ろう。

その名の通り、すべてがジャイアント

ボンゴフレンディー AFT

「ジャイアントルーフ」と呼ばれるフレンディーのオートフリートップは、屋根が上がる角度が際立って高い。

それは居住空間の確保だけでなく、屋根に雪が積もってスプリングに負荷がかかることの防止にも一役買っていたようだ。

ボンゴフレンディー AFT

スペースはセミダブルベッド程度で、大人2名なら余裕、幼い子供なら3人で寝ることも可能だった。ただし床は板なので、筆者は純正オプションの薄いウレタンマットを使用していた。

またポッアップルーフの魅力は、そこで寝られることだけではない。写真のような広大な網戸が、外気を車内にふんだんに取り込んでくれるため、夏でも中は驚くほど涼しい。

まあ、ここまでは筆者が言わなくても分かるだろう(笑)。

床板も屋根と平行に上に持ち上げられる

そこで、今度は経験者でなければ気づかないポイントを挙げよう。

ボンゴフレンディー AFT

実は、フレンディーはAFT部分の「床」を持ち上げることができる。そうすると圧巻のヘッドクリアランスが確保できるだけでなく、車内で立って着替えることができる。

ピンと来ない人もいるだろうが、車内で普通に立って着替えができるというのは、想像以上にありがたい。

ボンゴフレンディー AFT

しかも運転席上のスペースがちょうど「棚」のように使えたため、車中泊時にはそこに荷物を置くことができ、ベッドスペースを広々と使うことができた。

ボンゴフレンディー

この写真は2008年の北海道の取材時の荷物量だが、これを積んだまま車中泊ができたのは、バックドアキッチンとこの屋根裏部屋があったおかげだ。

ボンゴフレンディー車中泊

1Fは居間を兼ねた寝室。さきほどの荷物を積みながら、ここまでスッキリ片付けられるミニバンはたぶん他にはないだろう。

それでもキャンピングカーとは違って「お座敷」状態なので、膝への負担が大きく、歳をとると辛くなる(笑)。

車中泊のための純正オプションが充実

ボンゴフレンディー AFT オプション

ちなみに冬は、写真のようなキルティングのインナーカーテンをAFTの壁に内から吊り下げることができるため、寒さをほとんど遮断できる。床の専用マットもそうだが、これも純正オプションとして用意されていたものだ。

ポップアップルーフ車の購入を検討する場合は、こういった付帯機能やオプションの有無をよく確認するほうがいい。ただ寝られて涼しいというのでは、晩秋から春までは使えない可能性もある。

今度はマイナス要件について話そう。

最大の欠点は、出入りの面倒さ

ボンゴフレンディー

フレンディーのAFTは、床の中央に出入り口があり、寝る時はそれを塞いで、その上に横たわる。

そのため夜トイレに行きたくなったら、隣で寝ている家族にも起きてもらわなければならなかった。

ボンゴフレンディー AFT カビ

濡れたままにしておくと、カビが生える。

天敵はカビだ。夜中に雨に降られ、乾かないうちに屋根を閉めて走り、そのまま天日干しを忘れてしまうと、夏は内側にカビが生える。カビキラーで消すことはできるが、長い間塩素系の匂いが残る。

ボンゴフレンディー AFT

騒音がよく聞こえる

また道の駅やサービスエリアでは、わざわざ横にトラックが来て一晩中アイドリングをするなどの「嫌がらせ」を受けたことも一度や二度ではない。

これは、ポップアップルーフ車を買うなら、覚悟しておいたほうがいい。耳栓を持参しておくと、役立つ時もあるだろう(笑)。

オートパッカーに関連する記事の一覧

 

ハイエース・キャンピングカーWiz(ウィズ)実使用レポート

Wiz プロモデル化への道

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 

楽天市場のユーズド・キャンピングカー大特集! 

タイトルとURLをコピーしました