スノーピークの焚き火台と、ユニフレームのファイヤーグリル 実使用比較レポート

暖房器具

コスパはさほど変わらない。

筆者がキャンプを始めた頃、まだこの世には「焚き火台」というものが存在していなかった。

つまり、焚き火は直火、キャンプ場はそれができる場所というのが当たり前だった時代である。

焚き火

だが、そうこうするうちに、芝生張りの区画サイトがずらりと並ぶ「高規格オートキャンプ場」が次々に誕生し、焚き火は専用器具を使って楽しむことが常識に変わった。

筆者が最初に購入したのは、ユニフレームのファイヤーグリルだ。

ファイアーグリル

だが、北海道に持参するには大きすぎてクルマに積めず、コンパクトにたためるスノーピークの焚き火台Sに切り替えた。

焚き火台

ただ、焚き火をするには、さすがに小さい(笑)。

スノーピーク(snow peak) 焚火台
スノーピーク(snow peak)
¥ 9,288(2019/03/27 16:11時点)

ファイヤーピット

そのため、現在はもっぱらダッチオーブンを使う際の、ファイヤーピットととして活躍している。安定感は抜群で、ファイアグリルよりも圧倒的に扱いやすい。

カツオのタタキ

現在のエースは、同じスノーピークの焚き火台M。ほどほどに大きな薪も乗せられ、使い勝手もいい。

炭床

さらに別売の炭床と、ホームセンターで手に入る焼き網を揃えれば、BBQグリルとしても使える。

焼き肉

確かに焚き火という観点に立つなら、さらに容積の大きなLサイズのほうがいい。

しかしキャンプで旅行するなら、一台で複数の使い方ができるSやMサイズのほうが適している。特にMは汎用性が高く、地元の素材でBBQもしたいという人にはお勧めだろう。

スノーピーク(snow peak) 焚火台 スターターセット
スノーピーク(snow peak)
¥ 21,384(2019/03/27 16:11時点)
ちなみにわが家は、ユニフレームのファイヤーグリルが今もある。

ダッチオーブン

ただし、愛用しているのは、このファイアグリル・ラージ。

あっという間に生産終了になった製品だが(笑)、薪ストーブ以外にダッチオーブンが2台置けるのはこれだけなので、料理シーンの撮影をする際には重宝する。

レギュラーサイズのファイアグリルは、スノーピークの焚き火台に比べるとリーズナブルで、焼き網も最初からついているため、そのままBBQグリルとしても使える。

多少かさばるとはいえ、コスパは高く、他にもあれこれキャンピングギアを揃えなければならないビギナーにはいい。

ただ、値段が倍近くするスノーピークの焚き火台は、それだけ長持ちする。

つまり減価償却を考えれば、どちらもさほど変わらない。

であれば、よりコンパクトになるスノーピークの焚き火台のほうがいいという結論に筆者は至った。

UNIFLAME/ユニフレーム ファイアグリル/683040
ユニフレーム
¥ 6,900(2019/03/27 16:11時点)

なお、パンチングのロストルは一度使うと簡単に歪んでしまうが、その後も使用上の支障は特にない。

 

「実使用」車中泊&キャンプグッズ紹介 一覧

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 

タイトルとURLをコピーしました