機能的で軽量。さらにビジュアル的にも優れた、スタイルワンアクションテーブル 

テーブル・チェア

サイズが選べて設営撤収も簡単。キャンプと車中泊に適したお勧めのテーブル

長年オートキャンプをしてきた人の家には、似たようなものが幾つも「お蔵入り」してると思うが、キャンピングテーブルもそのひとつではないだろうか…

キャンピングテーブルは、使う人数によって適正な大きさが変わる。

今はロースタイルにも対応できるよう、2段階の高さが選べるタイプは多いが、普通は1つで天板の大きさまでは変えられない。

大小2つのサイズで、臨機応変なテーブルレイアウトが可能。

スタイルワンアクションテーブル

「スタイル・ワンアクションテーブル」には、2人用と4人用の2タイプがあり、両者を組合すことで、先ほどできないと書いた「天板の大きさ」が変えられる。

まずは2人用。雰囲気の良い場所で簡単にランチを食べるだけなら、これで十分だと思う。

スタイルワンアクションテーブル

山善 キャンパーズコレクション スタイルワンアクションテーブル(幅81奥行40) ウッドプリント OAT-8040(WP)
キャンパーズコレクション
¥ 6,331(2019/03/28 05:56時点)
2人用の長方形タイプ

最初に買ったのは2人用だったが、その後すぐに正方形の4人用を買い足した。

スタイルワンアクションテーブル

こちらが4人用。

ただ、このくらい料理を並べたら2人でちょうどの大きさになる(笑)。

山善 キャンパーズコレクション スタイルワンアクションテーブル(幅81奥行70) ウッドプリント OAT-8070(WP)
キャンパーズコレクション
¥ 7,900(2019/03/28 05:56時点)
4人用の正方形タイプ

設営撤収は、ただ「開く」「閉じる」だけで、「何も押さない、どこも引かない」。これにはスノーピークも驚いただろう(笑)。

ただし、アルミでできた天板の中は空洞で、積載時に上から少しテンションがかかるとペコンと凹みが生じてしまうので、取扱いには注意が必要だ。

このあたりは、同じワンアクションテーブルでも大違いだと思う。せっかくなので本家の製品も紹介していこう。

ワンアクションテーブル

筆者が使用しているのは、天板が支那ベニアの旧モデル。クルマをキャンピングカーに乗り換えた時点でフィールドから引退し、現在は書斎で使っている。

スノーピーク(snow peak) ワンアクションテーブル タケ LV010T
スノーピーク(snow peak)
¥ 32,184(2019/03/28 05:56時点)

スタイルワンアクションテーブル

タイトルとURLをコピーしました