車中泊のクルマ旅に最適なクッカーは、THERMOS(サーモス) 真空保温調理器 「シャトルシェフ」

アイデア

煮込み料理だけでなく、ご飯が炊けて保温もできる。ミニバン車中泊の強い味方

シャトルシェフは、加熱調理した内鍋を、魔法びんと同じ真空断熱構造の外鍋に入れて保温調理することにより、時間とエネルギーを大幅に節約できる、まさに車中泊のクルマ旅に最適なクッカーだ。

保温効力は6時間64℃以上

まず、この魔法の鍋で筆者が1番多く食べてきたのは「おでん」だ。

例えば金曜の夜から出かける時は、出発前に煮込んでおけば、2時間程度ならほとんど冷めずにアツアツのままで食べられる。

つまりサービスエリアに到着後、即晩酌ができるわけだ(笑)。

「おでん」の良いところは、余っても翌日またそのまま食べられること。むしろ一度冷めたほうが、味がよく染みわたって旨くなる。

そのため、釣りやバードウォッチングのように、決まった時間に食事ができない遊びでは、特に重宝なメニューといえる。

炊飯もおまかせ!

もちろん炊飯器ではないので、ポチッとボタンを押すだけでは炊けない(笑)。

とはいえ、それは電源設備のないキャンプ場や、サブバッテリーのない乗用車でも、朝と昼、もしくは昼と夜に、暖かいご飯が食べられることを意味する。

これには、さすがの土鍋も敵わない!

ご飯を炊いて保温ができれば、ウニ丼や海鮮丼、あるいは手巻き寿司といった豪華なメニューも車中泊でいただける。

そうなれば、観光客相手の店に並んで食べる必要もなくなる。

さて。問題はどこでご飯を炊くかだ。ご承知の通り、道の駅での自炊行為は禁止されている。

だが、思い出していただきたい。

シャトルシェフは、6時間64度の保温が効く。

ということは…

調理と食事をする場所を変えればいいだけ!

海水浴場や湖畔、河川敷にはBBQができる場所がある。

また地方には無料のキャンプサイトもあるし、デイキャンプなら数百円という施設もある。

そこでご飯を炊くのもよし、カレーやシチューを作るのもよし。鍋がひとつしかなければ、パンといっしょに食べればいい。

とにかく料理さえ終えてしまえば、こっちのものだ(笑)。

ちなみに鍋の温度は、外鍋の温度計に表示される。

なお、シャトルシェフはデザインのマイナーチェンジが多いアイテムだが、機能は変わらない。

クルマ旅で使う場合の容量は、2人~3人でちょうど良く、さほどかさばらない2.6リットル程度がお勧めだ。

なお、サーモスは、この他にも数多くの車中泊に適した製品を開発しており、筆者のクルマにはスノーピークの次に、その多くの名品が収まっている。

楽天市場のサーモス製品 大特集!

 

「実使用」車中泊&キャンプグッズ紹介 一覧

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 

タイトルとURLをコピーしました