車中泊の暑さ対策に有効なのは、シェルター&キャンプベッド

アイデア

ベッドで寝れば、キャンプは快適。

夏の車中泊の暑さ対策で、筆者がお勧めしたいのはキャンプ。早い話が、クルマの「外で寝る」ことだ(笑)。

ただ若い時は銀マットでも朝まで目が覚めることなく眠れたが、50代を越えて還暦になると、さすがに地ベタはきつい(笑)。

というわけで、筆者はキャンプベッドを愛用している。

ふだんはキャンピングカーで日本各地を旅している筆者だが、さすがに「真夏」は平地で車中泊をすることはない。

テントを張らないまでも、「蚊帳」に近いシェルターの中にキャンプベッドを出して寝ると、車中泊とは雲泥の差の涼感が得られることを知っているからだ。

また冬は薪ストーブに火を入れたシェルターの中に広げて、ウトウト昼寝を貪ることもある。これがまた心地いい(笑)。

さて。キャンプベッドの寝心地を決定づけているのが「テンション」。しっかり布が張っていれば、これほど寝心地の良いものはない。

ただし、そういう商品は値が張る(笑)。写真のスノーピーク社のコットハイテンションは、なんと1本42660円もする代物で、さすがにこれを2本揃えるというのは勇気がいる。

スノーピーク(snow peak) コットハイテンション BD030
スノーピーク(snow peak)
¥ 42,660(2019/03/27 19:13時点)

筆者が長年愛用してきたのは、GIコットと呼ばれるキャンプベッド。

GIとはアメリカ陸軍兵士の俗称で、彼らが使用していたミリタリーアイテムを真似て作られたことから、この仕様のコットはどれもそう呼ばれている。

難点は組み立て時にチカラが要ることだが、筆者が使っているサウスフィールドのGIコットは、マジックテープを使用することで、その負担が軽減できた。ややサイズは小さいが、コスパに優れた秀作である。

ちなみに、コットは野外で使うものとは限らない(笑)。

これは筆者のキャンプ部屋で使用していたドッペルギャンガー社のコットで、寝心地はすこぶるいい。

多少組み立てにチカラは要るが、GIコットほどではない。コンパクトに収納できて、リーズナブルな点ではイチオシともいえるだろう。またバンで車中泊をする際も、これを使えば寝心地で悩むことはなさそうだ。

今はさらに軽量化されて、ベストセラーアイテムになっている。

アイデア集の記事一覧

「実使用」車中泊&キャンプグッズ紹介 一覧

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 

タイトルとURLをコピーしました