真冬の車中泊のクルマ旅に、スタッドレスタイヤが「絶対不可欠」という理由

Q&A

避けては通れぬ「峠」

旅慣れた人ならよくわかると思うが、日本中どこを走っても必ずあるのが峠だ。海沿いの道でも、漁村は一山越えたところに点在するし、湖畔や河口に通じる道の途中にも、やはり峠が待ち受けている。

往々にして、峠のある場所は気候が不安定で、冬はしぐれやすく、夜になれば凍結する。そのうえ道路の左右どちらかは山に面しており、日中も日陰になる区間が残っている。

冬の凍結道路

確かにGoogle mapと連動するスマートフォンのおかげで、カーナビゲーションは身近な装備となり、その利用者は増加の一途をたどっているようだが、さすがに峠を避けて通るルートの設定までは難しいだろう。ましてや主要国道にある峠となればなおさらだ。

とどのつまり、日本では峠を避けて走れない。

そして雪道の自損事故は、後続車にも多大なる迷惑を及ぼす。

ゆえに、個々のドライバーが安全運転のための措置を講じなければならないのだ。

タイヤチェーンではどうしてダメなの?

タイヤチェーン

難点は、着脱の煩わしさにある

単純に「滑り止め」として考えるなら、スタッドレスタイヤよりもタイヤチェーンのほうが有効であることに間違いはない。

ただそうなると、タイヤチェーンを状況に応じて付けたり外したりする手間が生まれる。やればわかるが、吹雪の中でかじかみながらの着脱作業は想像以上に煩わしい。

加えて、チェーン装着時の乗り心地と走行性は著しく悪い。スキー場に続く道のように適度に雪が積もっている場合は、そのデメリットも緩和されるが、峠のように凍結走路や雪道と、乾いた路面が交互に現れるような道では、振動と騒音が激しく、おそらく装着したままだと、そう長くは走れないはずだ。

安全性と走行性を両立するスタッドレスタイヤ

ノーマルタイヤとの違いはこの後で説明するが、凍結道路に対応するスタッドレスタイヤの最大の魅力は、一度履いてしまえば、着脱の煩わしさから開放され、雪の降らない季節と同じように旅が続けられる点にある。

チェーン規制

また高速道路の「チェーン規制」も、このタイヤを履いていればフリーパスだ。
つまり、スタッドレスタイヤは、国道や高速道路を長距離ドライブし、時には町中を観光するクルマ旅にとっては、まさに最適と呼べる選択肢である。しかも、ただでさえ昼間が短い冬のクルマ旅では、労力に加えて移動時間のロスをも削減できるメリットは計り知れない。

ただしスタッドレスタイヤを装着していても、「滑らない」確証はない。ノーマルタイヤに比べると、そのリスクが格段に低いというだけだ。実際には道路状況が悪ければ、その上からタイヤチェーンを巻いてグリップを補助することもある。

PS

近年、大雪による交通障害が多発していることから法律が改正され、2018年12月から一部の指定された道路では、大雪の際に限りスタッドレスタイヤでもチェーンの装着が義務化されている。

詳細はこちらで確認を。

<Next Contents>

スタッドレスタイヤとは…

 

凍結道路や雪道でパニックに陥るのは、スリップとスタック

凍結している坂道は、どのように運転すればいい?

凍結道路と雪道の運転テクニック まとめ

凍結道路と雪道の走り方 記事一覧

<関連>

車中泊の寒さ対策 トップページ

クルマの防寒

カラダの防寒

車中泊の寒さ対策 記事一覧

旅と車中泊の安全対策 一覧ページ

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 

タイトルとURLをコピーしました