「避難のための車中泊」自宅待機と自主避難<実践編>

避難のための車中泊

災害時に売れて、店頭から無くなるモノ

このページでは、時間に多少は余裕が持てる「自宅待機と自主避難」についての話をしよう。要は写真のように「自主避難するか、準備だけ整えてもう少し様子をみよう」という状況だ。

筆者は阪神淡路大震災も、北大阪地震も、関空の橋にタンカーが衝突した台風21号の時も、これから説明する方法で対応したが、どの災害でも一番多い被災者は、このカテゴリーの人々だと思う。


<目次>

最強の防災グッズは「お金」。

災害時に店頭から売れてなくなるものは?

モノが揃ったところで、避難先を選ぶ

スーパーマーケット

最強の防災グッズは「お金」。

手間とお金のかかる「避難のための車中泊」事前準備<防災編>の作業が終われば、あとはそうバタバタすることはない。食糧と調理器具まで必要になるのは、「避難のための車中泊」をすると腹をくくってからだ。

経験上、震度5を超える地震に見舞われると、その瞬間は何が起きたかわからず、気がつけば部屋には棚から落ちたものが散乱している。

道は分かれるのは、そこからだ。

地震

クルマが出せる状態なら、すみやかに営業しているスーパーやホームセンターを探し、その時の状況に応じて必要なものを買い揃えよう。狼狽しているうちに、必要なものは店頭から消える。また、片付けをするために閉店してしまう店もある。

そもそも必需品というのは、被災時の状況だけでなく、季節や家族構成によって千差万別だけに、事前に用意できるものは限られている。

極端に云えば、必要なものを手に入れてから、家の中を片付けてもかまわない。どうせ余震が来れば、またすぐ落ちる。加えて避難をやめても、買ったものはいずれ消費される。無駄ではなく、ラッキーと考えよう。

それは接近する台風やゲリラ豪雨時でも同じだ。冠水や積雪、時には倒木や土砂で道路が封鎖されたり、それが原因の渋滞で身動きできず、事実上「自宅に幽閉」されることも考えられる。

災害時は「早い行動」モノをいう。

売り切れ

災害時に店頭から売れてなくなるもの

筆者の経験上、災害が起きると店頭から売れてなくなるものは以下の通り。

1.水を含めた飲料
2.パンやおにぎりなどの調理済み食品
3.紙皿・紙コップ・割り箸
4.乾電池類
5.ウェットティッシュ
6.カセットガス・カートリッジ
7.インスタント食品(パックご飯・お餅・スープなど)
8.マヨネーズ・醤油・アジシオなどの調味料
9.下着類

これ以外では、冬ならカイロとマスク、夏は虫除け・虫刺され用の製品が挙げられるだろう。

これらは「阪神淡路大震災」と昨年発生した「大阪北部地震」、そして筆者も被災した「台風21号」でも共通していた。

コンテナ

そんな時に手早く準備ができて便利なのは、ホームセンターでも手に入るフタ付きの折りたたみ式コンテナ。コンパクトにたためるので収納性に優れている。

マイバスケット

もしなければ、大手スーパーの「マイバスケット」でもかまわない。これらは防災アイテムの位置づけに近いアイテムだろう。

なお、クーラーボックスはかさばるだけで大して役には立たない。冷たいものは自動販売機で買えばいい。

緊急指定避難所

モノが揃ったところで、避難先を選ぶ

避難場所については「避難のための車中泊」の現状のページに詳しく記載しているが、地方でも都市部ではマイカーによる避難を禁止しているところが多い。

これは熊本地震当時、現地で小学校の校長をしていた友人から直接聞いた話だが、彼の職場は避難場所に指定されていたため、地震直後から次々に住民がマイカーで訪れ、グランドを臨時駐車場として開放したそうだ。

しかし余震はなかなか収まらず、グランドはクルマで占拠されたままとなり、今度は子どもたちが避難する場所がなくなってしまったという。その経験から、次回は開放を行わないことにし、避難者の受け入れは徒歩に限定する方向で話が進んでいるらしい。

子どもたちは歩いて通学しているのだから、確かにそれは「筋」が通っているし、学校周辺の道路はさほど広くなく、避難者が殺到すれば渋滞も起こるだろう。

となると、こちらが「自主避難先」を考えなければならない。

道の駅

注目はやはり道の駅だ。

トラックや旅行者と同じように「車中泊」をするのなら、災害に関係なくいつでもできる。一部の行政では「道の駅を指定緊急避難場所にする」方向に動き出していると聞くが、そりゃ、そうだろう!

車中泊を前提に避難をするなら、温泉が併設する道の駅がベストであることは、ちょっと考えれば誰もが気がつく話(笑)。

実際に東日本大震災では、宮城県の「道の駅上品の郷」に車中泊の避難者が押し寄せ、大パニックに陥った。その時の様子をレポートした興味深い記事がこちらだ。

全国の「道の駅」は”防災拠点”になるか

避難

同様のことは熊本地震でも生じたが、九州ではどうやらうまく対処し、むしろ災害時における「道の駅」の有効性を、このように告知している。

ただ残念なことに、筆者の近所には道の駅がない。

サービスエリア

しかしクルマで15分ほど走れば、サービスエリアはある。

シャワーステーション

サービスエリアやパーキングエリア、あるいはハイウェイオアシスの中には、シャワーとコインランドリー、あるいは日帰り温泉施設まで備えたところもあり、見方によっては、多少離れていても、近所の何もない道の駅より便利といえる。

マッサージチェア

ちなみにシャワーステーションの中にある「マッサージ・チェア」は無料で、総じて道の駅より腰が低く、サービスレベルも高い(笑)。ATMがあるところも多く、「自主避難場所」としては上々だ。

阪神淡路大震災のように高架が崩れるようなことがなければ、東日本大震災で行ったように、期間限定の無料開放を行うことで、サービスエリアを道の駅の補完スペースとして機能させることも十分に可能だと思う。ぜひ、そうしてほしいものだ。


<目次>

最強の防災グッズは「お金」

災害時に店頭から売れてなくなるものは?

モノが揃ったところで、避難先を選ぶ

 

「避難のための車中泊」の理想型

「避難のための車中泊」を取り巻く現実

やってみよう!「避難のための車中泊」

「避難のための車中泊」 事前準備<防災編>

「避難のための車中泊」 自主避難 <実践編>

「避難のための車中泊」 長期化対策

「避難のための車中泊」時に使える防災グッズ集

PS

「日産でやってみよう車中泊!」で、「避難のための車中泊」を講演

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集

タイトルとURLをコピーしました