折りたたみコンテナのマルチな活用法

その他

車中泊の旅では、いつか必ず役に立つ。

本来コンテナは、モノを運んだり収納しておくためにある。ゆえにキャンプでは、食材やクッキング用品をサイトに運ぶ際に役立てている人も多いと思う。

だが筆者の場合は、バックドアに取り付けたバイクキャリアに載せて、もっぱら「ゴミの持ち帰り」時に活用している(笑)。

日本の低料金または無料のキャンプ場では、ゴミ箱のないところが未だに多い。だがゴミさえクリアできれば、道の駅よりも遥かに自由で快適といえる。

キャンピングカーの中には、ラダーに固定している人もあるが、コンテナはコンパクトにたたむことができるので、必要な時だけ取り付ければいい。

だがそれとは別に、キャンプ場では意外な使い方があることをご存知だろうか。

写真は野良猫やカラスからゴミを守るために「檻」として使っている様子だ。

猫やカラスなどの小動物なら、かぶせて置くだけで十分保管庫としての役割を果たしてくれる。

筆者がこれを思いついたのは、北海道でコイツにゴミを荒らされた経験からだ。

こともろうか、あのスノーピークのガビングスタンドを、その鋭い歯で噛みちぎっていた。キタキツネはエキノコックスという伝染病の病原菌を持っている場合があるので、荒らされたゴミを素手で片付けるのは避けたほうがいい。

 今はフタ付き(別売)のタイプも発売されている。フタができると、釣り道具などもリアゲートキャリアに積んで運びやすい。

コンテナがない時は、スーパーのバスケットがあれば代用できる。
なお、こういうものはアマゾンよりも楽天市場のほうが揃っている(笑)。
タイトルとURLをコピーしました