万全のブヨ対策と、噛まれたあとの処置法

筆者は以前に、車中泊専門誌「カーネル」の中の「Q&Aコーナー」を担当していたことがあるが、そこに寄せられる質問で夏に多いのがコレだ。

確かにアウトドアの経験がない人がブヨの洗礼を受けたら、それはもう大変なことになる(笑)。

関東ではブヨ、関西ではブトとも呼ばれるこの手強い害虫は、春から夏(3月~9月)にかけて朝と夕方に活発に活動する。渓流の近くや山中、またそこに近いキャンプ場などで多く見られるが、幼虫は水質汚染に弱いため、住宅地などではほとんど見られない。それで一般には馴染みが薄いわけだが、そのタチの悪さは蚊どころではない。

なにしろ、蚊と違って皮膚を噛み切って吸血するので、薄い靴下やTシャツの上からでもやられることがある。ゆえに、河原や湖畔でTシャツに短パン、サンダル姿で酒を飲み、夕涼みをするのは「自殺行為」に等しい。

しかも厄介なことに、吸血直後はそれほど痒みを感じない。多くの場合、翌日以降に患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり、激しい痒みが断続的に1~2週間ほど続く。

予防に関しては、もちろん長袖・長ズボン・靴下・シューズの着用が理想的だが、真夏にそんな格好でいられる場所に、あまりブヨはいないと思う(笑)。

しかし一般的な虫除けスプレーや蚊取り線香では効果が薄く、ハッカ油の水溶液の方が効果は見込める。使い方は空気中に散布するのではなく、袖口や裾に噴霧するほうがいい。

写真のハッカ油スプレーは国産品で安心だが、少し高い。