車中泊旅行中に、天災と人災から身を守るための術

東日本大震災以降… 日本は天災というものを常日頃、意識しなければならない時代に入った。

ゆえに「車中泊の安全対策」と聞くと、新潟県中越地震や熊本地震で報道されたように、「避難のための車中泊」を前提にした話をイメージする人がいるかもしれないが、それについては別記事でしっかりと特集を組んでいる。

ゆえに、ここでの話はそれとは別だ。

我々は趣味やレジャーを楽しむ際の宿泊手段として「車中泊」を選択しており、必要な安全対策とは「その最中に遭遇する身の危険」に対してである。

<目次>

「危ない橋」は渡らないのが鉄則

災害でヤバイ!と感じた時にとるべき行動

人災を回避するための知恵

車中泊の暑さ対策(別ページ)

車中泊の寒さ対策(別ページ)

凍結道路と雪道の走り方(別ページ)

「危ない橋」は渡らないのが鉄則

ベタな話だが、いついかなる時でも、「危ない橋」は渡らないのが鉄則だ。

特に台風や大雨・大雪など、事前の天気予報で危険が予測される場合は、「予定を取りやめる」ほうに勇気を使おう。

だが長旅では、道中でそれをやり過ごさなければならない時もある。

災害でヤバイ!と感じた時にとるべき行動

天気予報とニュースを定期的にチェックする。

河川敷や港湾付近で車中泊をする時は、夕方に一度天気予報とニュースを確認しよう。ゲリラ豪雨や異国での地震から来る津波は、それ以外に知る術がない。

ガソリンスタンドを見つけて、すみやかに燃料を満タンにする。

「これはやばい!」と気づいても、動けなければどうしようもない。地方では夜間・休日に店を閉めるガソリンスタンドが今でもたくさんある。

水と食糧を確保する。

水の目安はひとり1日3リットルと云われている。また食糧はパンやおにぎりと、湯煎できる食品がいい。カップ麺は水を多く消費するため、非常時には適さない。

ガムテープやロープなどのリペアグッズを用意する。

強風などでクルマが破損した際に、応急処置ができるものを用意しておくと安心。特に汎用性の高い、布製またはビニール製のガムテープが重宝する。

不安な時は、高速道路のサービスエリアで車中泊をする。

設備が整っているのは、道の駅よりもく24時間営業しているサービスエリアだ。トイレはもちろん、レストラン・売店には食料が豊富にあり、救援ヘリも着陸できる。

人災を回避するための知恵

もうひとつの警戒すべきもの… それが人災だ。人災は行う方も悪いが、されるほうにも非があると云われないようようにすることが大事だ。

それは「犯罪者の視点」で考えればよくわかる。

筆者が短時間で効率よく窃盗を行いたいなら、人気の少ない場所で車中泊をしている弱くてお金を持っていそうな人をターゲットにする。つまりそれなりのクルマに乗る長期旅行中の老夫婦は、まさにうってつけの存在だ。しかも車外から寝ていることが分かれば、「渡りに船」ではないだろうか…

そう考えると、安全対策の第一は、窓を覆って車外が中から見えないようにすることになる。

写真のマルチシェードは少々高いが、プライバシーを守るだけでなく、防寒の役割を果たしてくれる便利なツールだ。さらに不安なら、飼っていなくても「ペット同伴」のようなマークを、車外からよく見えるようにつけるといいかもしれない。

初めての車中泊予定地は、明るいうちに「下見」する。

真新しいサークリングのタイヤ痕や、灰皿から溢れかえった吸い殻、あるいはトイレなどに置き捨てられたゴミ袋などがある施設は、夜間に若者たちが集まる場所である可能性が高い。

孤立しない環境を選ぶ。

どんな相手にも喧嘩で負けない自信がある人は別だが、そうでなければオートキャンプ場か道の駅やSAなど、利用者の多い施設を選ぶのが原則だ。

言いがかりには、施設のスタッフに対応してもらう。

言いがかりをつけられても相手にならず、車内から携帯電話で施設か警察に通報する。「迷惑行為」に対処するのは、立派な施設の仕事である。

なお、状況はスマホやデジカメの「録画機能」で撮影するといい。音声だけでもいざという時には証拠になる。

<目次>

「危ない橋」は渡らないのが鉄則

災害でヤバイ!と感じた時にとるべき行動

人災を回避するための知恵

車中泊の暑さ対策(別ページ)

車中泊の寒さ対策(別ページ)

凍結道路と雪道の走り方(別ページ)

 

旅と車中泊の安全対策 一覧ページ

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 

車中泊「三種の神器」の筆頭アイテム

タイトルとURLをコピーしました